「産後ダイエット」カテゴリーアーカイブ

ええ?!何この体重

重いおなかを抱えて耐えてきた10ヶ月間。ああ、本当につらかった。つわりから始まり、どんどん大きくなるおなかを支え続けて腰は痛いし、足はガニ股になるし。

かわいい赤ちゃんにやっと会えたことは感動!でも・・ああ、あとに残ったこの贅肉。どうすればいいの???

生んだはずなのに。なぜ、凹まない!おなか!

赤ちゃんが3キロくらいでしょう。羊水も3キロくらいといいますから、本来であれば、6キロ増プラス2キロくらいまでがいい感じでしょう。でも大体、多くのママたちが10キロ増くらいになってしまいます。

というか、私の場合、なんと20キロ増。担当の先生にどれだけ怒られたことか・・

さて、そんな私、サンゴ158cm48キロにまで体重を落としました。3か月であっという間に落ちました。その秘訣を、公開しちゃいましょう。

骨盤矯正はなぜ必要なの?産後ダイエット

産後ダイエットに骨盤矯正?と思うかもしれませんが、実はこの骨盤を元の位置に戻すことができるかどうか、ということが、産後ダイエットに非常に大きな役割があるのです。

妊娠して赤ちゃんが成長していくにしたがって、ママたちの骨盤を開く、歪むなどしているのです。

臨月を迎えお産が近付くと、ホルモンが子宮口に働き、子宮口が軟らかくなっていきます。

子宮口が柔らかく赤ちゃんを通りやすくするのと同時に、恥骨結合も開きます。 続きを読む 骨盤矯正はなぜ必要なの?産後ダイエット

お産の後の帯!産後ダイエット

お産の後、お腹をぎゅっと腹帯やさらしなどで引き締めますよね。

あれは、子宮の戻りをよくするために必要なことですし、骨盤にとっても、引き締めるという効果があるのです。

お産の後は骨盤も開き、子宮も下腹部方向に下がっています。

赤ちゃんが外の世界に出ていってからは、徐々に、子宮も元の位置に戻るのですが、このときに痛みを感じるのが、後産と呼ばれますね。 続きを読む お産の後の帯!産後ダイエット

食事を減らすのはダメ!産後ダイエット

ダイエットというと、食事制限が思いつきますが、産後に食事制限を行うことは、絶対によくありません。

私のように、妊娠中毒症一歩手前、という人の場合、先生からの指示で食事に制限が出ることもありますが、指示を受けない限り、食事を極端に制限するというのは絶対によくありません。

食事を制限するということは、新陳代謝が低下しますから、痩せにくい体を作ってしまうことにつながりますし、赤ちゃんに母乳を与える時期ですから、通常の食事をしっかり摂取するのが当たり前です。

食事の制限を極端に行うのではなく、栄養バランスのいい食事を摂取していくことを心がけましょう。

産後すぐという時期は、無理を絶対にしないこと。

ダイエットを考えるばかりに食事を極端に制限し、体力がなくなり、気持ちも落ち込んでしまうということも考えられます。

産後すぐに動かないこと!産後ダイエット

産後ダイエットを行うためにいろいろな本を読んだのですが、まず必要なことは、もうこれ以上骨盤を酷使するようなことはしないこと、これが一番大事だということがわかりました。

お産するときには、骨盤が開きます。それに妊娠中は、重いおなかを支えていて、弱っていることもあり、産後というのは、骨盤がゆがみやすい時期なのです。

体重が増加したということで、急いで運動を始めてしまうママたちがいるのですが、それは、骨盤をゆがませてしまうことにつながって、結局は骨盤が大きく開いてかっこ悪い体形になってしまうということなのです。

運動と食事、生活習慣をしっかり整えることは非常に大切なことですが、産後に無理をしてしまうと、そのつけが、何年も後にやってきます。産後ダイエットは焦らずゆっくり行うこと。

まずは、産後の赤ちゃんと一緒の時間をゆったりと楽しんでくださいね。